世界のフードトレンド最前線|ニューヨーク① 食肉売場の飼育環境評価

はじまりました「世界のフードトレンド最前線」。海外に行く機会が多いフードピクトスタッフによる現地視察や、各国で生活している特派員から、最新のフードトレンドを紹介します。第1回はニューヨークから「食肉売場の飼育環境評価」を紹介します。


みなさんはお肉を買うときに、何を基準に選択していますか?ニューヨークにあるホールフーズ(日本でいうと成城石井や紀伊国屋的なスーパー)は、販売されているお肉がどのような環境で飼育されたのかを5段階で評価し、スコアを店頭POPや商品パッケージに表示しています。


ここの注目ポイントは最低ランクの「1」の飼育環境が、柵やフェンスで動物を囲い込まないゲージフリーで飼育されていること。日本ではゲージフリーは高付加価値で「特別」なブランドイメージの訴求に利用されていますが、ホールフーズでは「最低限」の条件として扱われています。


またこちらの評価はホールフーズ独自の基準ではなく、Global Animal PartnershipというNPOが提供するプログラムを採用しています。買い物は未来への投資、企業と消費者がコミュニケーションを図りながら、動物の福祉向上に向けた取り組みが進んでいます。


参考:WHOLE FOODS COMPANY NEWS

https://media.wholefoodsmarket.com/news/5-step-animal-welfare-rating

参考:Global Animal Partnership The 5-Step® Animal Welfare Program

https://globalanimalpartnership.org/5-step-animal-welfare-rating-program/



次回は「鮮魚売場」の資源状況表示について紹介します。

  • foodpict_twitter
PlantBasedLogoWhite.png

株式会社フードピクト /  FOODPICT Inc.

本サイト掲載情報の無断転載を禁止します。

フードピクトは株式会社フードピクトの登録商標です。

フードピクトは特定非営利活動法人インターナショクナルと株式会社NDCグラフィックスの共同著作物です。

​ FOODPICT Inc. prohibits any unauthorized reproduction of information on this website.

FOOPICT is the collaborative work of the Non-Profit Organization INTERNASHOKUNAL and NDC Graphics Inc. 

Contact: hello@foodpict.com