淡路島ファムトリップ|3日目レポート


2021年11月に実施された「瀬戸内海国立公園(淡路地域)食と自然環境の循環」をテーマとする環境省のファムトリップに、講師の1人として弊社代表が参加しました。この記事では3日間のファムトリップの3日目の内容をダイジェストで紹介しています。


 

3日目のテーマは、インバウンド向けのコンテンツ検討です。

今回のターゲットは1日目2日目に続き、20~30代が中心で新しいことへの挑戦や経験、自分にとっての意義に価値を置き、優先度の高い事項に重点的に投資する新型ラグジュアリー層(Modern & Selective Luxury)で、海外からの誘致に向けた視点で検討しました。



3日目の日程

  1. 芝生広場のヨガで最高の目醒め

  2. 料亭で淡路島食材の実演ランチ

  3. 振り返りワークショップ



1. 芝生広場のヨガで最高の目醒め


さぁ3日目がスタートです。よくファムトリップの仕事をしていると「遊んでるみたいで楽しそう」と言われるのですが、実際には歩き回るし食べ続けるし、たった1回のフィールドワークを通して地域を正確に理解してコンテンツを検討しないといけないので、心身ともにハードな仕事です。3日目になると朝起きるのもちょっと辛い...


そんな参加者のために、今回はホテルの芝生広場にヨガの先生が来てくれて、朝ヨガの体験アクティビティーを用意してくれていました。じつは私自身は今回がヨガ初体験!できるかなぁと不安でしたが、先生の優しいガイドのもと、生まれて初めて脳だけではなくカラダも目醒めるような新鮮な感覚を体験させていただきました。




2. 料亭で淡路島食材の実演ランチ


さてお腹が空いてきました。3日目のランチは「fuku」の服部さんによる淡路島の食材を使った日本料理のコースです。京都の老舗料亭で修行を積んでから淡路島に戻り、自力で仕入れからはじめ、現在はほぼ100%淡路島産の食材でコースを構成されています。


この日のランチは全9品。淡路島の食材の豊かさ、季節感、コース全体の緩急、空間、実演調理、接客など、どれをとっても非常に高いレベルで、淡路島の食の可能性をふんだんに感じさせていただく素晴らしい時間となりました。


  1. ヒイカの炭火焼き、揚げた胡麻豆腐、春菊のあんかけ

  2. 三年とらふぐの刺身、すだちポン酢のジュレと白子のソース

  3. かますの塩焼き、揚げ銀杏

  4. おこぜのフライ、蕪の鬼おろし

  5. 伊勢海老の炭火焼き

  6. ごま素麺

  7. 淡路牛の炭火焼き、山芋のグリル

  8. ごはん、伊勢海老の出汁の味噌汁、和風ハンバーグ

  9. 淡路島牛乳のアイスクリーム





3. 振り返りワークショップ


このあとファムトリップに参加した講師メンバー6人(旅行会社やメディアなど各分野のプロフェッショナルのみなさん)で3日間の振り返りワークショップを実施し、今回のテーマである「食と自然環境の循環」に向けた提案をまとめて終了しました。


今回のファムトリップで感じたことは、淡路島の食の豊かさと若手シェフの実力の高さです。いまあるコンテンツをもとに、持続可能性や生物多様性などのコンテクストを整理・発信していくことで、さらに力強い観光コンテンツになると確信しました。


こちらの記事「世界の食トレンドと求められる3つの視点」も参考にしていただければ幸いです。


 

フードピクトでは、全国の宿泊施設や飲食店を対象にした講演や研修、自治体や観光協会を対象にしたファムトリップの参加やコンサルティングを提供をしています。ご相談・ご依頼は「お問合せ」より気軽にお寄せください。